イベント続きの9月が終わりました!!

9月のたでいけ至福の園は、イベント続きでした。

 

まずは、9月21日(金)、聖路加国際病院の林章敏臨床教授をお迎えしての講演会。

 

ホスピスの歴史から、緩和ケア医療と介護の関係の重要性。

「傾聴・共感・感情への対応」というコミュニケーションスキルの大切さ。

我々介護に携わる者がときに陥りがちな「無力感」をも肯定され、

「あなたたちがそこにいるだけでも利用者様は救われるんですよ」

と優しく語りかけていただき、涙が出る思いでした。

このような素晴らしい講演会をたでいけ至福の園で開催させていただけたこと、本当にうれしく思いました。

林先生、本当にありがとうございました。

 

そして、23日(日)は、第3回たでいけ至福の園秋まつり&至福マルシェでした。

昨年とは打って変わって、素晴らしいお天気の下でのお祭りとなりました。

大隅弥五郎太鼓の勇壮な演奏に始まり、地元蓼池の皆様の演芸披露に全国3位にも輝いた子どもたちのダンス、みやざき犬とミマタレンジャーの夢のコラボレーション、最後は村上三絃道の津軽三味線と盛りだくさんの内容でした。

 

また、同時開催しました「至福マルシェ」も三股町内を中心に様々なお店に出店していただきました。

3回目を迎え、前回よりもさらにたくさんの皆様のご協力をいただき、にぎやかな1日となりました。

ご協力をいただいた皆様、出店していただいた皆様、ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

 

そして、イベント続きの9月を締めくくっていただいたのは、「九州プロレス 桜島なおき選手」!!

九州プロレスが興行のため三股町においでになり、いつも興行の際は高齢者施設への慰問をされているとのこと。

今回三股町への興行にあたり、ありがたいことにたでいけ至福の園に慰問に来ていただけることになったというわけです。

プロレスラーと間近に触れあえるなんて、そう滅多にないこと!!

皆さんワクワクして待っておられましたが、いよいよ登場!!

筋骨隆々とした体にチョップさせてもらったり、お姫様抱っこさせてもらったりと、たっぷりふれあいの時間を堪能させていただいた後は・・・

職員代表との対戦!!

デイサービスの管理者は桜島選手のコブラツイストで悶絶^^

反対に看護師長は桜島選手を大外刈りでなぎ倒し皆の大喝采を浴びていました。

最後は皆さんでバンザイ\(^o^)/

桜島選手にたくさんの元気をいただきました。

桜島選手、ありがとうございました!!

 

イベント続きだった9月も終わり、吹く風もひんやりと感じるようになってきました。

これからもたでいけ至福の園は、利用者様、そして地域の皆様が楽しんでいただけるような活動をしてまいりたいと思っています。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。